【Java Eclipse】実行可能なJARファイルの作成と実行方法

【Java Eclipse】実行可能なJARファイルの作成と実行方法

はじめに

ちょっとしたツールなどEclipseを使ってJavaでコーディング。あれ、デバッグ以外でどうやって実行するんだっけ… Javaを覚えたてのころに思った素朴な疑問・・・ 今回は、Eclipseで「実行可能なJARファイルの作成」と「Windows環境下でのJARファイルの実行」について説明したいと思います。

Advertisement

実行可能なJARファイルの作成方法

1.ファイル⇒エクスポート を選択します。

2.「実行可能 JARファイル」を選択し「次へ」をクリックします。

3.次図のように設定されている事を確認し(エクスポート先は任意)、完了をクリックします。

◇起動構成
mainメソッドが記述された「クラス名 – プロジェクト名」が選択可能となります。選択します。
※ここでは、「クラス名:HellowWorld – プロジェクト名:HellowWorld」を選択しています。

◇エクスポート先
「実行可能JARファイル」の出力先フォルダ(任意)を指定します。

◇ライブラリ処理
「生成される JAR に必須ライブラリを抽出」を選択します。

実行可能なJARファイルの実行方法

1.コマンドプロンプトで作成したJARファイル直下へ移動
※ここでは、D:\tmp

2.JARファイルを実行
※ここでは、HellowWorld.jar

おわりに

いかがでしたでしょうか? 皆さんの作業が少しでも効率的になれば幸いです!

Advertisement

Tipsカテゴリの最新記事